山形に来て驚いたことと言えば、食生活だろう。
やはり、その土地土地で栽培されているものや採れるものは違うだろうが、そこで新しい発見ができるのが面白い。
その中でも驚いたことがあった。
テレビでもやっていたのを見たことがあったのだが、山形では『ウルイ』と言うものを食べるらしいのだ。
ウルイ・・・別名『ギボウシ』とも言って、私は生け花で花材として使っていた。庭に生えていたり生け花にしたり、観賞用だと思っていた。
山形ではそれを食べると言うのだ。
今まで食べ物として見たことがなかったので、最初はまさかと思った。
しかし、山形のスーパーへ行ってみると本当に『ウルイ』と書かれて売られていた。
本当のようだ。
それを、さっと水で洗って、生のままみそやもろみを付けて食べるそうだ。ゆでてごま和えや、マヨネーズ和え、刻んでみそ汁に入れたりしてもおいしいと言う。天ぷらやかき揚げにして食べても美味しいらしい。
結構万能食材のようだ。
私はまだ食べてみたことがないが、こんなに料理に使えるのなら、挑戦してみようと思う。
そして話は変わるが、この前、山形のスーパーで洋梨を見付けた。
しかも8個入って100円と言うかなりの激安だった。
その安さに驚いて、私は名前も見ずに買った。
ラフランスだと思っていた。
いい買い物をしたと喜んで家へ帰った。
旦那さんにも自慢げに話した。
しかし、固い。
ラフランスってこんなに固かったっけ?
疑問に思いながらも一つ食べてみた。
確かに梨の味とツブツブとした歯ごたえだが、ラフランスとは違う。
なんだったんだろう、これは。
おばあちゃんに持って行って聞いてみた。
「これはカリンだよ。」と言う。
カリン?でも梨の味がしたよ?
安さのあまり衝動買いで失敗してしまったと思った。
謎の食べものを少し放置することにした。
すると10日ほど経った頃、触ってみると柔らかくなっていた。
皮を剥いて食べてみると、やっぱりラフランスだった。
しかも美味しいじゃないか。
ラフランスを8個100円で食べられるとは。
やっぱり買ってよかった。
山形のスーパーは面白い。