旦那さんの転勤で山形へ行くことになった。
今まで、旅行でしか行ったことのなかった山形。
何よりも寒さと雪が心配。
きっと今までに体験したことのない寒さだろう。
寒いのが一番嫌いな私に耐えられるだろうか、不安ばかりだ。
仕事の合間に住む家を探しに旦那さんと山形へ行った。
一泊二日で旅行気分の物件探し。
勤務地は市内から少し離れた町らしい。
やはり知らない土地で有意義な生活を送るなら、まずは物件が大事だ。毎日生活するところなので、納得の行ったところがいい。
納得の行ったところと行ってないところでは、やはり気分が違う。
地元も不動産屋さんに前もって条件を伝え、それに見合った物件を紹介してもらった。
すると、私たちが想像していたレベルとは違っていたのだ。
関東の物件よりはかなり安いだろうとは思っていたのだが、それより遥かに安く、いい物件だった。
山形の家の造りで、気づいたことがあった。
ここら辺の家は、全部の窓が二重サッシになっていて、冬の寒さが家の中へ入らず、室内の暖かさも外へ逃げにくいように造られていた。
そして、駐車場も二台分が当たり前で、しかも広々としている。
更に、一家に一個ずつ倉庫も備え付けられていて、好きなように使うことができる。
今は山形の冬に必需なスノータイヤや雪掻き用のスコップなどを入れているのだが、ベランダに置いておいても邪魔になり汚れるのも防いでくれるので、とても重宝している。
不動産屋さんに聞くと、ここら辺の物件は大体そうらしいのだ。
もちろん、築が古かったり、土地が狭かったり、大家さんによるそうなのだが、大体ファミリー向けに考えられているそうだ。
そう言ったありがたい物件をたくさん紹介してもらった。
以前から家賃の相場を調べてはいたのだが、やはり間取りの割に安い。
今まで住んでいた同じ金額でプラス1部屋と駐車場もプラス1台分と倉庫が付いてくる。
しかも1部屋1部屋も広い。
とても満足の行く物件を見付けられてよかった。
山形は田舎生活をしたい人にはとてもオススメだ。
何より、都会に住んでいる人には驚きの物件ばかりだろう。
移り住んでみてはどうだろうか。
あとは山形の雪に耐えられるかどうかだ・・・。