キャンピングカーにトイレを付けるかどうかは迷うところです。トイレは、絶対に必要な物ですが、キャンピングカーに付いていなくても、公園やコンビニエンスストアなどで借りる事ができます。全く人がいないところであれば、外で済ませてしまうことだってできるのです。でも、私の場合は、公園やコンビニエンスストアのトイレでは落ち着いてできません。トイレがキャンピングカーについていれば、運転中に急にしたくなったとしても、路肩に車を駐めて用をたすことができるのですから、とても安心です。キャンピングカーにトイレが付いているととても便利なことはわかるのですが、値段が高くなることもわかります。そして、定期的に汚物の処理も行わなければいけないのです。それを考えると、多少の不便は我慢して公園やコンビニエンスストアのトイレで我慢しようと思ってしまいます。

私は将来定年退職をした時に、キャンピングカーを購入して、国内を回ってみたいと思っています。本当ならば、キッチンも欲しいところですが、予算的なことや、メンテナンスのことを考えると、キッチンを付けることはなかなか難しいと思います。とりあえずは眠ることができるスペースがあれば、男一人旅なら何とかなりそうです。私は、国内は北から南まで海岸沿いを走って一周したいのです。そして、時には魚釣りをして食材を確保しようと思います。私は魚釣りが趣味ですから、魚釣りをしながら旅ができるなんてとても楽しみです。キャンピングカーにキッチンを付けることはできませんから、カセットガスコンロを持って行こうと思います。カセットガスコンロがあれば、釣った魚を鍋や焼き魚にして食べることができるのです。それに私は、魚を三枚におろすこともできますから刺身にして食べることもできます。ご飯を炊く時は、キャンピングカーの電源を使って炊飯器で炊こうと思います。でも、すぐに食べたい時には、レトルトパックのご飯が便利だと思います。レトルトパックのご飯もたくさん積んでおく必要がありそうです。それと、インスタントラーメンやカップ麺も必需品です。

野菜不足になることも考えられますから、野菜は玉ねぎをたくさん積んでおこうと思います。玉ねぎならば日持ちがしますし、いろいろな料理にも使うことができるのです。たまには、コンビニエンスストアやお弁当屋さんで野菜サラダを買って、生野菜も食べようと思います。こう考えてみると、私の一人旅ではコンビニエンスストアに相当お世話になりそうです。