大型のキャンピングカーに付属するトイレはあれば大変便利なものです。しかし利用後の処理はどうしたらいいのかという大きな疑問もわいてくるものです。キャンピングカーのトイレには概ね3つぐらいのタイプがあるようです。ひとつはポータブルトイレで便座と汚物タンクが一体型で車内に置くだけのもの。二つ目がカセットトイレで便座部は固定され汚物タンクのみが外からはずせるものです。そして3つ目がマリントイレと言われるもので便座部と汚物タンクが車体に固定され特別な処理を伴うものです。通常国内で流通しているキャンピングカーには、カセットトイレが多く設置されているようです。この場合、トイレにはふたが設置されており、使わないときには閉めるような形になっています。水洗式になっており、水洗用の水は外から補充することができ、汚物のタンクもカセット式で外からはずして処理することが可能です。

実際使用後は自宅に持ち帰って流して処理をすることになりますが、かなりの重さになることもあるようなので持ち運びは要注意です。流した後は内部を多少ゆすいできれいにするといった作業も必要になります。この作業はたのしいキャンピングカーとは裏腹のものになりますが、清潔に利用するためには仕方ないものになります。通常のユーザーの方は、できるだけ道の駅などの共同便所を利用することで利用回数を減らしたり、どうしても使いたいとき専用で利用するといった配慮もしていらっしゃるようですが、せっかく装備されているものですので、効果的に利用できることがなによりであろうと思います。水洗用の水には専用の洗浄剤をまぜることでかなりにおいを消してくれるものもあるようです。海外から輸入された大型のキャンピングカーにはマリンタイプとよばれるものが設置されているようで、こちらはタンクにホースを取り付けてレバーをひいて汚物をマンホールなどに流して捨てることができます。ただ、ホースとマンホールの位置によっては流すのが難しいケースもあるようですので、自宅等の配置を研究してから利用されていくことをお勧めしたい商品です。結局カセットタイプに換装するユーザーさんが国内には多いようです。

さらにペーパーに関しては特に解けやすい専用のものが販売されているということです。これならばかさばらずに処理をするときにも比較的簡単に流していくことが可能ということです。処理作業はいろいろ大変ではありますがうまく使いこなして楽しいキャンピングカーライフを送りたいものです。